口臭につながる食べ物と言えば、まっさきに思いつくのが
にんにくではないでしょうか?

にんにくを食べちゃうと口臭が・・・とは気になるものの

女子だって焼肉食べたい!!

ですよね!?

ちなみに、わたしはカツオのお刺身をにんにくポン酢で食べるのが大好きです(笑)。


焼肉を食べたって、とんこつラーメンを食べたって
口臭が気にならなくなる、にんにく臭の消し方を紹介します。


にんにくを食べるとなぜ息が臭くなるの?




臭いの原因は、にんにくに含まれている「アリイン」という成分が、
「アリナーゼ」という酵素と反応して「アリシン」が発生します。

この「アリシン」が臭いの元となる成分。
にんにくを切ったりすりおろしたりすると発生するんですね。


にんにくを食べた直後は、口に残ったにんにくの臭いが口臭としてあらわれるのですが

アリシンが体に吸収されると、血液とともに全身をめぐって
肺や腸から、口臭や体臭として残ってしまいます



しかも、肺や腸からの臭いは、においが消えるまで
15~48時間かかるんです!

夜に、にんにくを食べてしまうと翌日の朝になっても
口臭が気になるわけですよね。


にんにくの臭いの消し方




口に残ったにんにくの臭いなら、歯磨きが一番おススメ。

でも、外食だとすぐに歯を磨くのは難しいので
ガムやタブレットを携帯するのがベストですね。


やっかいなのは、体に吸収されてから発生する口臭。

にんにくを食べてしまった以上は避けて通れません・・・

しかし、
①食べる前
②食べている間
③食べた直後
④その日の夜

に、それぞれのポイントを意識すれば、
いつもより口臭が抑えられるし、早く口臭を消すことも!


食べる前に意識すること


にんにくを刻んだりすりおろしたりする前に加熱する

さっきお伝えした「アリナーゼ」は熱に弱いので、アリナーゼが働かないようにするんです。
つまり、臭いの原因である、アリシンを発生させないようにするということ。

調理の前にレンジでチン!してくださいね。


ただし、外食の場合は「調理前にチンしてください」
なんて言えないと思うので(笑)

食べている間、食べた後だけ意識しましょう!


食べている間に意識すること


一緒に飲む飲み物がポイント。
にんにくの臭いを抑えるのには、緑茶、牛乳、コーヒーがいいとされています。


ただ、食事と一緒に牛乳はなかなか飲まないと思うので・・
わたし的には緑茶またはコーヒーがおススメです。

コーヒーは食後がいい、なんて声も聞こえてきそうですが
あくまで一緒に摂ることが大切。

食事と一緒に飲んでくださいね。


食べた直後に意識すること


ポイントは「リンゴを食べる」か「お茶を飲む」こと。
もちろん、両方でもOK。

お茶について、食べている間は緑茶でしたが
食べた直後はウーロン茶、ジャスミン茶、マテ茶がおススメです。


その日の夜に意識すること


これはズバリ、代謝を上げて、にんにく臭成分を体の外に出す!!

もちろん運動してもいいのですが、なかなかそんな時間が取れないという人は
ゆっくりお風呂に浸かってたくさん汗をかきましょう。

お風呂に入る前は、たっぷりの水分補給を忘れずに。


最初にお伝えしたとおり、にんにく臭は人によっては
48時間も消えない場合もあるので

にんにくを食べた翌日も、水分補給と汗をかいて
代謝を上げるようにしてくださいね。


まとめ


にんにくは食べてしまうと口臭も体臭も気になってしまう食べ物ですが
美容や健康にとっても効果的なのも事実。

上手に、にんにくと付き合って、健康な体づくりを目指したいものですね。


関連記事

スポンサーリンク