休みの日の朝。

せっかく彼と寝ているんだから、おはようのキスをして
仲良くゴロゴロしていたい・・・


なんて頭でボンヤリ考えているのに
自分の口臭が気になって、目が覚めるなり一目散に洗面所へ。

なんて経験があるのはわたしだけではないはず(笑)。



寝起きの口臭、気になりますよね。


寝る前に、きちんと歯を磨いているのにも関わらず
なんでこんなに寝起きの口臭が気になってしまうのでしょうか。


寝起きの口臭は誰にでもあるものですが、その強弱は人それぞれ。

今回は、寝起きの口臭が強い人の特徴をまとめてみました。


あなたはいくつ当てはまりますか?

寝起きの口臭が強くなってしまう原因を、ひとつひとつ解決して
寝起きでも爽やかな息を手に入れましょう!!



そもそも、寝起きに口臭があるのはなぜ?




寝ている間は、起きている間に比べて唾液の量が少ない状態

唾液は、口の中の細菌を流したり、殺菌したりする役目があるので
その唾液が少なくなることで、お口の中の細菌が増えて
臭いの元となっているのです。


寝起きの口臭が強い人の特徴




歯磨きはしていても、磨けたつもりになっている


夜の歯磨きは、丁寧に時間をかけて行いましょう。

繰り返しになりますが、寝ている間は唾液が少なくなって細菌が増えやすい状態。
少しでも食べ物のカスや歯垢が残っていると、起きている間以上に口臭がでてしまいます。

歯磨きを丁寧にしたとしても、歯の間には見えない食べかすや歯垢が残っているもの。
デンタルフロスを使ってで歯の間もしっかりとキレイにするのがベスト。


舌が白くなっていても舌磨きをしていない


あなたの舌は何色ですか?

もし、白くなっていて舌苔が付着していたら、舌ブラシを使って
舌もキレイに磨きましょう。

舌苔は口臭の大きな原因です。

舌を磨くときは、歯ブラシではなくて必ず舌専用のブラシを使うこと。
舌は傷付きやすいので、歯ブラシで磨いてしまうと見えない傷ができて
そこに食べカス、最近がたまりやすくなり逆効果に。


虫歯や歯周病がある、または気づいていない


最近、歯医者さんには行っていますか?

毎日忙しくしていると、なにか症状がないとなかなか歯医者さんって
行かないですよね。
子供の頃のように定期的に歯科検診だってないし(笑)。

自分では、虫歯や歯周病に気づいていなくても
歯医者さんに診てもらうと、意外とその一歩手前
だったりするケースも。

この機会に、歯科検診に出かけてみるのもいいかもしれませんね。


ストレスをためている


これはなかなかすぐには解決できない問題なのですが、
わたし達は、ストレスを感じると唾液の量が減ってしまいます。

唾液の量が減るという事は・・・もうわかりますよね。

好きな音楽を聴いたり、アロマをたいたり、ストレッチをしたり。
ストレスを感じている場合は、寝る前にリラックスできる何かを
自分なりに心がけてやってみましょう



寝起きの口臭が強い人の特徴を4つまとめてみました。

でも実はまだあと5つあります(笑)。
長くなってしまったので、それはまた次回に。
関連記事

スポンサーリンク